BLOG

促通反復療法治療部門部長の黒田です。

2年前に右被殻出血発症した左片麻痺患者への週1回の促通反復療法3ヶ月とボツリヌス療法1回の併用療法の効果について報告します。

■ボツリヌス療法(合計200単位)
・橈側手根屈筋35単位
・尺側手根屈筋35単位
・浅指屈筋50単位
・深指屈筋50単位
・長母指屈筋30単位

肩、肘は電気・振動刺激を併用した促通反復療法(川平法)で分離運動の改善がみられましたが、主に手関節、手指の痙縮に対しては促通反復療法(川平法)と併用したボツリヌス療法が有効的でした。

麻痺の改善にはどう痙縮に対して治療していくかがカギとなります。電気刺激や振動刺激も有効とされていますがボツリヌス療法はターゲット筋に対して的確に長期的(2〜3ヶ月)に痙縮を減弱させることができます。

その痙縮が減弱している期間に促通反復療法(川平法)にて新たな目標の神経回路の強化・再建を行うことができるかがポイントとなります。

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!

こんにちは!
促通反復両方部門、理学療法士の鳥居です!

今日は以前から紹介している、「痙縮と拘縮」について改めてお話しします!

・痙縮(けいしゅく)
筋肉の緊張が高まることにより、手足を動かしづらかったり、勝手につっぱったり曲がったりします。

そして、この動かしづらいまま、時間が経つと、、、

・拘縮(こうしゅく)
痙縮による異常姿勢が続くと、筋肉が固まって、さらに関節の運動が制限された状態になります。

になってしまいます。

この拘縮の予防には「しっかりと関節を動かすこと」が一番です。

「自分で動かせない」と感じている人は是非一度、促通反復療法を体験してみて下さい!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!
※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!
促通反復療法治療部門部長の黒田です。

よく患者様やご家族様に自宅でどんなトレーニングをしたら良いか聞かれることが多いです。

麻痺があっても麻痺側をなんとか自力で動かせればトレーニングは可能ですが、筋緊張が高くて硬くなる、もしくは弛緩性で力が入らない、いわゆる自ら麻痺側を動かせない患者様は自主トレは難しいと思います。

そんな患者様にオススメなのは電器屋やネットでも購入できる家庭用低周波治療器がオススメです。

値段やメーカーは様々ですがオムロンの5000円程度の物をオススメしています。

使い方は指が握ってしまう人は前腕の外側にパットを2枚貼り、手首が上に返ってくる、または指がパーに開くくらいの強さに設定し、10〜15分くらいに電気を流します。

電気刺激により、手首を返す、または指を開く筋肉に刺激が入ることで相反神経抑制の効果で指を握ってしまう筋肉の緊張が低下します。

一番大切なのは電気が流れて指が開くタイミングでパーにするように脳内でイメージして運動努力をして下さい。
自分の脳で運動を起こす指令を指まで送る努力をしなければ新たな神経回路の再建・強化には繋がりません。

この方法は手首・指だけでなく肘を伸ばす、足首を返す動作にも有効です。
肘を伸ばすには上腕三頭筋、足首を返す動作は前脛骨筋または腓骨筋などに行って下さい。

自宅でのトレーニングが回復への近道です!!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!
こんばんは!
促通反復療法部門、理学療法士の鳥居です!

今現在、治療スペースがガラス張りで、入り口付近ということもあり、寒さ対策として、治療場所を変更してます。(一時的)

ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。
促通反復療法治療部門部長の黒田です。

近年、脳科学の進歩によって、脳は考えられていた以上に可塑性を備えていることがわかってきました。

従来より脳損傷のリハビリでは、脳には可塑性があっても極めて少ないと考えられていたため、機能障害(麻痺)の積極的な回復をめざすより、能力低下レベルでの代償に重点が置かれる傾向にありました。

特に、脳卒中片麻痺の上肢機能については、最終的に実用にならないことが多いという理由で、早々に健側での代償を行うことが今でもよくあります。

しかしこの10年余りの間に、脳の可塑性を踏まえて患側上肢を積極的に治療する促通反復療法(川平法)やConstraint induced movement therapy(CI療法)関する報告が増えてきてます。

これらの治療法は、脳の可塑性に関する新たな発見と相まって、リハビリの新時代を築く治療法として、注目されています。

まず「脳の可塑性」とは脳の神経細胞群が新たなネットワークを築き、生まれ変わることです。

繰り返し練習することで一過性ではなく持続的なネットワークが構築されることです。学習や記憶、麻痺の改善(運動学習)など。

身体を使う頻度が高いほど、その体部位の再現領域が大きくなるような可塑的な変化を起こします。
これは use-dependent plasticity(UDP:使用依存性可塑性)と呼ばれます。

つまり、麻痺の回復(脳の可塑性)は使用頻度に依存するというこです。

このことを踏まえて考えると、例えば一日1時間のリハビリで麻痺側の手足の運動をしたとします。しかし一日のうちの残りの23時間は運動をしていないことになります。

使用頻度依存性の法則から考えるとこれでは麻痺側の手足の使用が少なすぎます。

リハビリの時間はあくまで補助的であり、残りの生活時間でどれだけ麻痺側の手足を動かせるかが一番重要になります。

私達は一人ひとりにあった日常生活での自主トレ指導も積極的に行っています。
一人で行えない方に家族指導も実施しています。

我々の掲げる『あきらめないリハビリ』は患者様一人一人の「なりたい自分」を共に目指していきます!!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!



こんばんは!
促通反復療法部門、理学療法士の鳥居です!

ここ最近、コロナとインフルエンザの同時感染が多数報告されています。

過去2年間、国内でインフルエンザの流行がなかったので、コロナ以前と比べてやはり免疫が低下している人が多いという見解を示しています。

新型コロナにのみ感染していた人と比べて、重症化して人工呼吸器による治療を受けるリスクは4.14倍、死亡するリスクは2.35倍高かったということです。

また、長崎大学のグループは去年、ハムスターに新型コロナとインフルエンザを同時に感染させると、それぞれを単独で感染させた場合よりも、肺炎が重症化し、回復も遅れたとする実験結果をまとめています。

これまで以上に、手洗いうがい、手指の消毒等に気をつけていきましょう!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!
※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!
こんにちは!
促通反復治療部門の理学療法士、八木です!

僕達が行っている促通反復療法は、指定の場所や環境に依存せず治療を提供することができます。

また、自宅での生活動作や家事動作などの動作指導など、患者様の求める目標に向かって必要なリハビリを提供します!

移動手段があるなしに関わらず、今より少しでも回復したい!というあきらめない気持ちに全力で応えられるよう、僕たちも努力していきます!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!


促通反復療法治療部門部長の黒田です。

以前に『総合リハビリテーション vol.50 no9 Sep.2022』に掲載された「骨折後の肩関節拘縮に対して持続的電気刺激と振動刺激を併用した促通反復療法が有効だった上腕骨近位端骨折の1例」の治療経過を見やすく表にまとめてみましたので参照して下さい。

【要旨】
症例は40代の女性で、左上腕骨近位端骨折後にシーネ固定と三角布固定を受け、それらが解除された発症14日から外来治療(30分、2回/週)としてROMex主体の従来のリハビリテーション治療(以下、従来のリハ治療)を120日まで受けて骨折部は偏位なく癒合したが、肩関節の拘縮と痛みが残存した。 発症120日から持続的電気刺激下の促通反復療法と振動刺激の併用(以下、併用促通反復療法)に変更し、210日まで継続した。治療結果を従来のリハ治療開始時と併用促通反復療法の開始時と終了時の順に示すと、肩関節ROMは外転が40°、55°、160°、外旋が0°、25°、 60°、肩関節関連の筋力(MMT)は 2、 2、 4、 肩関節JOAスコアの総合評価は20、51、 94、服の脱着などは不能、不能、可能といずれの評価も併用促通反復療法で大きく改善し、併用促通反復療法は上腕骨近位端骨折後の拘縮に効果的であった。

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!


こんにちは!
促通反復療法部門、理学療法士の鳥居です!

以前ご紹介した、階段昇降のBefore、afterのその後の動画を紹介します。

前回は階段を登る際に、セラピストの両手による軽介助が必要でしたが、最近になって、近位見守りレベルが可能となりました。

麻痺側の引き上げの改善はもちろん、非麻痺側の支持性がさらに高まったためと考えられます。

麻痺側のロッキング時の衝撃は課題ですが、「介助なしで登れた」という経験は、本人にとっても僕にとっても大きかったです!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!
※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!
こんにちは!
促通反復治療部門の理学療法士、八木です!

臨床の中で歩行訓練をする際に大腿直筋が問題となることがあります。

先行文献によると大腿直筋は足を前に出す際と踵を床に付ける前に働くと言われています。

しかし、片麻痺患者では感覚の問題や随意性の問題等多くの影響から収縮タイミングがずれてしまうケースが多々あります。その結果思うように膝が曲がらず分回し歩行になったり、接地後の過伸展を起こしたりします。

また、2関節筋である大腿直筋は、近位、中間、遠位で収縮を使い分けることで、関節の安定を保持したり、エネルギー効率こ向上を図るなど、様々の機能を要求されるため、ここにエラーを起こすことは多くの問題を引き起こす可能性があると言えます。

片麻痺では他の2関節筋も同じように、エラーを起こしているケースがあります。

セラピストはどの筋がどのフェーズで何の収縮が不十分なのかを判断し治療していく必要がありますね!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!
促通反復療法治療部門部長の黒田です。

70歳代、男性、3年前に脳梗塞右片麻痺を発症した患者様に対し、上肢の促通反復療法(川平法)を60分実施した一回治療効果を報告します。

上肢促通反復療法(川平法)は肩、肘、前腕、手指へ電気刺激・振動刺激を併用しながら実施しました。

評価はSTEFで一番時間を要した検査10を用いました。

結果、介入前は38.0秒、介入後は33.0秒と5.0秒の改善となりました。

動画でわかるように特に手指の分離運動が改善し、母指−示指の指尖つまみが可能になったこと、またピンをキャッチしてから手内でのピンの方向転換もスムーズになっています。 

発症から3年経過した患者様に対しても促通反復療法(川平法)て電気刺激・振動刺激を併用することで目標の神経回路の強化が進み即時効果に繋がりました。
この効果を継続し積み上げ式に長期効果へと結びつけることが必要になります。

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!

※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!
こんばんは!
正月は結局、寝正月になってしまう鳥居です!

目標である「行動あるのみ」を実現するの ために、部内で22:00頃にzoomミーティングを新年早々に行いました!

日中は3人まとまって時間を作るのが難しいので、夜に行うしかありませんが、時間を見つけて、これからもより良いサービス構築のために、話し合っていきたいと思います!

脳梗塞や整形疾患の後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分無料で行います!
お気軽にお問い合わせください!
※ブログの写真や動画は当部門(おおとみリウマチ川平法)のInstagramまたはFacebookにてご覧になれます‼ぜひチェックしてみて下さい!!