実生活に即したリハビリ①

促通反復療法治療部門部長の黒田です。

麻痺の回復を目指しリハビリをすることは大切な機能訓練ですが、麻痺を回復させることでその先に何ができるようになるか、実生活での目標(患者様のニード)に繋げるアプローチをしていかなければ意味がありません。
ただ手や足が挙がりやすくなった=目標達成ではありません。必ず『何かができるようになりたい』という目標があるはずです。

この患者様とご家族様の目標は『屋外歩行の自立』です。独居をされているため、屋外に出るのもベッドから起き上がり、裸足での屋内歩行、玄関の段差昇降、靴や装具の着脱、ドアの開閉や鍵の施錠、屋外を歩く耐久性、不整地での歩行など評価項目がたくさんあります。環境が整った自宅内や病院内を歩くのとは訳が違います。

促通反復療法治療部門では患者様の目標にあわせて時に自宅での施術や自宅環境下での動作練習など、一人一人に合った完全オーダーメイド型のリハビリを提供しています!

おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000