実生活に即したリハビリ②

促通反復療法治療部門部長の黒田です。

昨日は実生活場面でのリハビリの必要性をお話させていただきましたが、当院でも自宅環境を模擬的に設定し、動作練習をすることも行っています。

当部門では回復期リハビリテーション病院で10年以上経験を積んだセラピストが複数名在籍しています。実生活を見据えたリハビリのプロと福祉業者にも来ていただき、代償手段として福祉用具の導入も検討していきます。

普段はシャワーチェアのみで入浴をされている脊髄損傷の患者様ですが、これからの寒い季節に湯船に浸かりたいという目標があります。
その目標を達成するためにも、実際の患者様の自宅環境を把握することはリハビリをすすめる上で一番大切な作業となります。

促通反復療法治療部門では患者様があきらめていた目標を促通反復療法を基盤とした機能訓練に併せて、ADL訓練も積極的に実施しています。また、他職種である訪問リハスタッフ、ケアマネージャーや福祉業者、ご家族様と連携し協力して、患者様の目標達成を目指していきます!

おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000