血管マッサージ 手の周辺

こんにちは!
作業療法士の米加田です(^^)

前回お伝えした血管マッサージの実技です。
今回は手の周辺です。

手の動脈は比較的皮膚の表面に近いところにあるため、直接刺激しやすいのが特徴です。

【指】
指の両側には動脈が走っているので、ここをしごくようにマッサージしましょう。血流が増加して、手や体がポカポカと温まります。

①両手を組む。
指のつけ根に力を入れ、グッと締め付ける。
②両手の指をグリグリと小刻みにねじるようにして指先に向かって引き抜く。
※指のつけ根から先端まで、まんべんなく指の両サイドに刺激を与えるのがポイント!

【手首〜肘】
手首の動脈は皮膚の浅いところを、腕の動脈は筋肉が発達しているため深いところを走っています。
腕は少し痛いと感じるくらいの強さでマッサージしてください。
①右手で左手首を握り、掴んだ手首を左右にねじる。
手首から肘までまんべんなく行う。
※握られている方の手首を、マッサージの捻りと反対方向に捻るとさらに効果的!

【肘〜上腕】
上腕は表面積が広いので、内側と外側の両方からほぐしましょう。
上腕を強く掴んで捻りながら、深いところを走る動脈を刺激して!

①右手で左肘の内側を掴み、左右に捻るようにマッサージ。腕のつけ根に向かって、握る手をずらしながら上腕全体に行う。
※タオルをしぼるようなイメージで、やや強めにやると◎
②腕のつけ根までいったら、次に右手で左肘を外側から掴み、握る手をずらしながら上腕全体に行う。

あくまで痛みの残らない範囲で、無理なく行ってみてください。
次回は顔の周辺です!

おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000