コロナウイルスの影響について

皆さんこんにちは!
促通反復療法治療部門の清水です!
今回はコロナウイルスによる医療機関への影響についてのお話です。

脳卒中の救急患者を受け入れている全国の医療機関を対象に、日本脳卒中学会が新型コロナウイルスの影響についてアンケート調査を行ったところ、およそ2割が救急患者の受け入れに影響が出ていると回答したことがわかったそうです。

この調査は脳卒中の救急患者を受け入れている全国970余りの医療機関に、12月14日時点の状況を尋ね、700余りの施設が回答しました。

回答があった医療機関のおよそ2割の施設で、救急患者の受け入れ要請を一部断るなど診療に影響が出ているそうです。

理由として
▷病院内で新型コロナウイルスのクラスターが発生した
▷スタッフやベッドが新型コロナウイルスの対応に割りふられ、体制が縮小している
▷搬送されてきた患者が感染していないか検査をするのに時間がかかり、次の患者様の受け入れまでに時間がかかる
などの回答があったそうです。

脳卒中はどれだけ早く治療を行えるかで後遺症の程度が変わってきます。医療体制をいち早く安定させる事が必要になるかと思います。私達一人一人が感染予防を心がけ、感染の拡大を防いで行きましょう。
当院ではマスク及びフェイスシールドの着用、体温の確認、手指の消毒や定期的な換気を徹底する事で感染対策を行っています。また感染予防の為外出を控えたい方も治療が受けられるよう訪問型の施術も行っていますので一度ご相談いただけたらと思います。

脳梗塞後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分500円、送迎無料で行います!
お気軽にお問い合わせ下さい!

おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 脳梗塞後遺症に特化した促通反復療法(川平法)を用いたリハビリを行っています 送迎無料 静岡市や藤枝市、島田市からもご利用頂けます 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000