口呼吸と鼻呼吸

こんにちは!
促通反復療法治療部門の作業療法士、米加田です。

最近流行った鬼滅の刃に『〇〇の呼吸』というフレーズがあったので、今回は呼吸についてお話したいと思います。

人間の呼吸は本来鼻で行います。
しかし、日本人の多くは口呼吸をしているそうです。
口呼吸では冷たく乾いた異物だらけの空気を直接的に吸い込むため、咽頭や喉頭付近等で病原体が繁殖しやすい状態になってしまいます。
ある研究では、人が発症する病気の7割は口呼吸が原因とも言われているそうです。
また、口呼吸では口の中が乾燥し唾液の分泌も抑えられてしまいます。
唾液には口の中を殺菌する作用があるので、唾液の分泌が減ると虫歯になりやすく、口臭の原因にも繋がります。
※朝方に僕の口が臭いのもこの為でしょう‥笑

口呼吸が無防備なのになってしまうのに対し、鼻呼吸は防御力が高い呼吸方法です。
鼻腔に存在する鼻毛は主に2つの大切な役割を担っています。
①フィルター
吸気時にほこりや病原体などが体内に侵入するのを防ぎ、異物が気管支に入り込まないようにします。
②乾燥を防ぐ
鼻の穴の中の湿度や温度を一定に保って、粘膜を守り、乾燥するのを防ぎます。
鼻呼吸で取り入れた空気は適度な温度と湿度に調整され、肺の負担を軽減しスムーズに循環されていきます。
こうした働きによって鼻から入る空気は、口から入る空気よりも感染症に罹るリスクが少ないと言われています。

僕も含めて無意識に口呼吸をしている方も多いかと思います。
こんな時期なので、少しでも感染予防に繋がるように鼻呼吸に挑戦してみてください。

目指せ鼻柱!
『全集中、鼻の呼吸』
を常中できるように訓練です笑

あくまで予防の1つなので、3密を避け、マスクの使用、手洗いやうがい等の基本的なことは怠らずに!

脳梗塞後遺症でお悩みのみなさん、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、その他地域も当部門では初回体験120分500円、送迎無料で行います!
お気軽にお問い合わせ下さい!

おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 脳梗塞後遺症に特化した促通反復療法(川平法)を用いたリハビリを行っています 送迎無料 静岡市や藤枝市、島田市からもご利用頂けます 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000