自宅トレーニング 肩甲骨①

こんばんは!
促通反復療法治療部門の米加田です。

今日は自宅で家族の方と行えるトレーニングの方法をお伝えしたいと思います。
第1段として『肩甲骨』とその周辺の筋肉の動きを促通する方法です。
肩甲骨の動きは腕を上げるためにとても重要な動きになります。

※トレーニングをする際の注意点として、肩は痛みを引き起こしやすい部分です。介助者は痛みがないことを確認しながら無理なく行なってください!


介助者は麻痺のない側に座り、本人は麻痺してる側を上にして横になります。

介助者は右手で麻痺してる前腕を手のひらが顔を向くように下から軽く持ちます。
左手は親指以外の4本の指を肩甲骨の内側縁に置きます。
※因みに肩甲骨の内側縁は下の図を参照ください。
介助者は左手のひら全体で肩甲骨を矢印の方向に押しながら、麻痺している腕を曲げるように促します。
麻痺している腕が曲がってきたら、介助者は左手のひらで肩甲骨を引きながら腕を伸ばすように促します。
これを50〜100回ほど繰り返してやってみてください。
腕を動かそうとして介助者が無理に引っ張ったりせずに、本人が動かせる可動域で『気持ちよく』行える様に注意して行ってください。




おおとみリウマチ整形外科 促通反復療法(川平法)治療部門

令和2年4月1日開始 当施設は促通反復療法(川平法)「川平先端リハラボ」の認定施設です。 静岡県焼津市中新田1-1(おおとみリウマチ整形外科1F) 054-656-2221

0コメント

  • 1000 / 1000